Alibaba Cloudのインスタンス(CentOS)でWordPressを使う


CentOS7 ECSインスタンスでWordPressWebサイトを手動で構築する

公式の資料より引用:https://partners-intl.aliyun.com/help/doc-detail/151691.htm


WordPressは、PHPで記述されたブログ公開システムです。

WordPressをコンテンツ管理システム(CMS)として使用するか、WordPressを使用して

PHPおよびMySQLデータベースをサポートするサーバー上に独自のWebサイトを構築できます。

このトピックでは、Linuxディストリビューションを実行するECSインスタンスで

WordPressWebサイトを構築する方法について説明します。

前提条件
AlibabaCloudアカウントが作成されます。 Alibaba Cloudアカウントを作成するには、

アカウント登録ページに移動します。

VPCタイプのセキュリティグループが作成されます。

インバウンドルールがセキュリティグループに追加され、ポート80でのトラフィックが許可されます。

SSHを使用してLinuxインスタンスに接続する場合は、インバウンドルールで

ポート22でのトラフィックも許可する必要があります。

セキュリティグループルールを追加する方法については、セキュリティグループルールの

追加を参照してください。
Linux ECSインスタンスが作成され、LNMP環境でデプロイされます。詳細については、

「CentOS7インスタンスでLNMP環境を手動で構築する」を参照してください。

このトピックでは、次のバージョンのリソースが使用されています。

インスタンスタイプ:ecs.c6.large
オペレーティングシステム:CentOS 7.264ビットパブリックイメージ
NGINX:1.16.1
MySQL:5.7.29
PHP:7.0.33
WordPress:5.1.6


注前のバージョンとは異なるバージョンのリソースを使用する場合は、

コマンドとパラメーター設定を調整する必要がある場合があります。

背景情報
このチュートリアルは、Linuxに精通しているが、Alibaba CloudECSインスタンスで

WordPressWebサイトを構築するのは初めての企業または個人を対象としています。

また、Alibaba Cloud Marketplaceで提供されているWordPressイメージを使用して、

WordPressWebサイトを構築することもできます。

WordPressウェブサイトを構築する
ECSコンソールを使用して、LNMP環境でデプロイされたLinuxインスタンスに接続し、

WordPressWebサイトのデータベースを構成します。

ECSインスタンスに接続します。

詳細については、「ユーザー名とパスワードを使用してLinuxインスタンスに接続する」を参照してください。
MySQLにログオンします。

rootユーザー名を使用し、LNMP環境の構築時にrootユーザーに設定したパスワードを

入力してMySQLにログオンします。
mysql -uroot -p

構築するWordPressWebサイトのデータベースを作成します。

このチュートリアルでは、WordPressWebサイト用に作成されたデータベースはwordpressです。

データベースワードプレスを作成します。

新しいユーザーを作成してWordPressデータベースを管理し、セキュリティを向上させます。

MySQL 5.7以降では、パスワード強度検証プラグインのvalidate_passwordが

デフォルトでインストールされています。

MySQLにログオンして、パスワード強度ルールを表示できます。

「%password%」のような変数を表示します。

このチュートリアルでは、作成されたユーザーの名前はuserで、パスワードはPASSword123です。

‘PASSword123’で識別されるユーザー ‘user’ @ ‘localhost’を作成します。 ;

WordPressデータベースに対するすべての権限をユーザーに付与します。

「PASSword123」で識別される「user」@「localhost」にwordpress。*のすべての権限を付与します。 ;

次のコマンドを実行して、前述の構成を検証します。

フラッシュ特権;
次のコマンドを実行してMySQLを終了します。

出口;
WordPressをダウンロードして、構築するWebサイトのルートディレクトリに移動します。

WordPressをダウンロードします。

次のyumコマンドを実行してWordPressをダウンロードします。

ダウンロードしたWordPressパッケージは、/ usr / share / wordpressディレクトリに自動的に保存されます。

yum-yはwordpressをインストールします

WordPressパッケージを構築するWebサイトのルートディレクトリに移動します。

mv / usr / share / wordpress / usr / share / nginx / html / wordpress
WordPressの設定ファイルを変更します。

新しいWordPressパスに移動し、パス内のソフトリンクを使用してwp-config.php構成ファイルに接続します。
cd / usr / share / nginx / html / wordpress
ln -snf /etc/wordpress/wp-config.php wp-config.php
wp-config.phpファイルを編集します。
vim wp-config.php

Iキーを押して編集モードに切り替え、WordPressデータベースに基づいてMySQL関連の構成を変更します。

次のコンテンツは、変更されたコードの例です。

WordPress Webサイトのデータは、userという名前のユーザーによって

WordPressデータベースに保存されます。

// ** MySQL設定-情報は使用中のホストに基づいています。 ** //
/ ** WordPressデータベースの名前* /
define( ‘DB_NAME’、 ‘wordpress’);

/ ** MySQLデータベースのユーザー名* /
define( ‘DB_USER’、 ‘user’);

/ ** MySQLデータベースのパスワード* /
define( ‘DB_PASSWORD’、 ‘PASSword123。’);

/ ** MySQLデータベースのホスト* /
define( ‘DB_HOST’、 ‘localhost’);

Escキーを押して、編集モードを終了します。 :wqと入力し、Enterキーを押して、構成ファイルを保存して終了します。

NGINXの構成ファイルを変更します。

次のコマンドを実行して、NGINXの構成ファイルを開きます。

vim /etc/nginx/nginx.confIキーを押して編集モードに入ります。

サーバーの中括弧内で、rootの後のコンテンツをWordPressWebサイトのルートディレクトリに置き換えます。

この例では、ルートディレクトリは/ usr / share / nginx / html / wordpressです。

NGINXの構成ファイル場所〜.php $中括弧内で、ルートの後のコンテンツをWordPressWebサイトのルートディレクトリに置き換えます。

NGINXPressの構成ファイルEscキーを押して編集モードを終了します。 :wqとpを入力します。